記事一覧

2017/1/10(火)2016年に観たPV10選~後編

さて、昨夜の続きです。

Tatar Song(title unknown)/Landysh Nigmatzhanova (ウクライナ発 2013年)
何も無い風景というのは美しいものだ。限り無く続く平原・曠野。我々の民族の起源がモンゴルにあるからか?そんなたわいのない事を考えてしまう。クリミア・タタールの歌です。




Chalk & Coal/Iamthemorning(ロシア発 2016年)
僕の身体の70%は絶望と寂寥で出来ている。そんな人間にはこんなPVが心地良い。今の音楽シーンにて注目度急上昇の街・ロシアはサンクトペテルブルクの美しくもの悲しいデュオ。心の最果ての岬を照らす燈台。




Groovejet/Spiller feat. Sophie Ellis-Bextor(イタリア発 2000年)
新しいものばかり追うのではなく、たまには古いものにも目を向けてみよう。こういうクラブ・ミュージックには一瞬ミスマッチにも思えるアジアの街並み、頭一つ抜きん出た長身のD.J.Spiller、クール・ビューティーのSophie Ellis-Bextor。ひと昔前の近未来感覚が今改めて新しい。




Come Together(from the musical "Blue Bird")/Keti Orjonikidze & Luka Zakariadze(ジョージア発 2015年)
以前「長期滞在」した事のある旧グルジアに昨年はまた根を生やしてしまった。散々聴いたこのザ・ビートルズのナンバーも一滴のグルジナミン(笑)でスパイシーなニュー・サウンドに早変わり。サウンドや映像が好きな街・国が出来るとワールド・ミュージックからはもう抜け出せない。




Vertigo/Sanam Abdolazimzadeh(アゼルバイジャン発 2015年)
最後の一席が空いてしまったので、これは貼った事が無いアゼルバイジャンの最近の民族ジャズを。この国も、随分と面白いポップスが多いのは注目していたけれど、最近はジャズの注目国にもなりつつある気配だ。今年はこの国、かな?




にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

catricec62

Author:catricec62
FC2ブログへようこそ!