記事一覧

2017/2/6(月)タイム・トラヴェル夢日記

inception.jpg

今夜の一枚
Inception/McCoy Tyner
McCoy Tyner(p),Art Davis(b),Elvin Jones(ds)
Jan.10,1962録音 Impulse Records

最近、過去へタイム・トラヴェルする夢を二回も見た。そう言えば生まれてこの方、タイム・トラヴェルをする夢を見た記憶ってあまり無いなぁと思い、自分は随分と想像力に乏しい人間だなぁと思ったりするのだが、でもまあ、そんなエキサイティングな夢を見た朝は、それはそれは満ち足りた気持ちになるものであった。

一回目の夢の舞台は東京都杉並区。僕が幼少の頃に住んでいた辺りだ。夢の中で僕は馴染みのある坂を登っている。良く知っている住宅街だが街並みがちょっと違う。公園の公衆便所が何か古臭い。小学校のクラスメートの家がある区画が更地になっている。辺りを見回すと更地や畑がまだ目立っており、多分昭和30年代~40年代初頭くらいではないかと夢の中で思う。自分が生まれる前の街並みを見ているとワクワクしてきて、せっかくだから一通り付近を散歩して近所の様子を目に焼き付けて、その当時の住宅地図でも作れたら楽しいなぁと思っていた矢先、残念ながら目が覚めてしまった。

二回目の夢の舞台は吉祥寺。これも幼少の頃から馴染みのある街だ。昭和50年代初頭の吉祥寺の街は僕の記憶の中に残っているが、夢に出てきた風景はそれよりも古い。今回僕が降り立ったのは中央線の線路脇の通り。その道路と線路が交差する地点には踏み切りがある。因みに吉祥寺付近の中央線は昭和50年頃にはもう高架になっていたので、そこにかつて本当に踏み切りがあったかどうか僕は知らない。線路脇の角地にはいかにもレトロな雰囲気のマンションが建っている。これも時代設定としては昭和30年代~40年代初頭だろう。取りあえずその踏み切りを、僕の方向感覚的には北側へ渡ってみると、近鉄デパートへの案内図が出ている。もうその時点で実際の位置関係とは逆なのだが、まあ、所詮は夢の中の事なのでその辺は気にしない(笑)。是非その頃の近鉄デパートへ行ってみたいと思いしばし歩くがどうしても辿り着く事が出来ず断念。辺りを散策する事にした。しばし歩いていると、やたらと目に付くのは怪獣のテーマ・パークみたいなもの。ウルトラマンに出てくるような怪獣の恐らく等身大の遊具が置いてあり、家族連れがそれらに出入りして遊んでいる。せっかくだからスマホで写真でも撮りたいなぁと思っていたら、今回も何となくフェード・アウトして夢から覚めてしまった。

…で、数日経ってふと調べてみたくなった。過去にそういう怪獣のテーマ・パークのようなものは存在したのだろうか?ま、調べないでも薄々は解っていたが、僕が生まれる前の昭和41年~43年頃、ウルトラマンのヒットに伴う第一次怪獣ブームと呼ばれる社会現象があり、遊園地等で怪獣ショーが盛んに行われていたとの事なので、そういう施設があってもおかしくないだろう。また、中央線の吉祥寺駅付近がいつ高架になったのか調べてみたが、この記事によると昭和44年4月の事なので、ちょうど第一次怪獣ブームの頃にはこの付近に踏み切りがあった可能性は高い。今回の調査(笑)ではここまでしか解らなかったが、夢の中での偶然の場面設定が実は現実にも存在するかも知れないと知る時のワクワク感はマジでハンパ無い(笑)。

…で、せっかくだから、今度同じ夢を見る時は是非スマホで撮影したいなぁと思うのだが、この年齢になっても僕は夢を計画通りに見た試しが無い。僕にはそんな能力も無いのかと最初は思ったりするのだが、実はこれ、僕の潜在意識の中にあまのじゃくな自分が棲んでいて、僕に安易に望んだ夢を見させないように意識をひねくれさせているのではないかと思っている。まあ、このブログの選盤だってそうだ。何でこの流れで次にこの盤が来るのかと我ながら疑問に思う事もあるが、そういうひらめきには素直に従おうかと思っている。自らが意表を突かれているのだ。直感で場面設定が行われる夢に関しては更にその傾向が強い。でも、計画通りに見る事が出来ない夢だからこそ、たまたま楽しい夢が見られた時の喜びもまた一入(ひとしお)なのである。

今夜は古い時代の話になったので、音楽もその時代のジャズで行こう。去年こんな日記を書いたが、エルヴィン・ジョーンズは最も四次元に近い音を出せるジャズ・ドラマーだと思っている。でもそれを四次元に感じるシチュエーションを作るのが難しくて、僕は大抵二次元~三次元の間を彷徨っている。でも意識が割とクリアな時に彼のドラムの音が立体的に「透けて」聴こえてくる事があり、それだけでもエキサイティングな体験である。このアルバムでは"Effendi"が最もその体験をし易い演奏である。




にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

catricec62

Author:catricec62
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ