記事一覧

11/22(火)邦題

今夜のYoutube

今秋はほとんど"Red"一枚しか聴いていなかった感じなのだが、冬が近づくにつれて"Blue"を聴く機会が増えている。

このバンドのアルバムは毎回色名をタイトルにしているが、それぞれのアルバムが正にそれぞれの「特色」を持っている。"Blue"の特色は名曲揃いである事。いや、Nino姐さんの作った曲は全て名曲だと思うが、このアルバムは一般受けするポップス系のスタンダードになりそうな曲が揃っている。特に"Once In The Street"は必ず今後多くの人に歌い継がれ聴き継がれるスタンダード・ナンバーになると信じている。PV二本いずれもUnofficialだが良い雰囲気だ。





多分日本でもこの曲が知名度を得る日が来るのではないかと思うので、今夜はこの曲の邦題を考えていた。今からいろいろと考えておけば僕がこの曲の邦題の名付け親になれるかも知れない。こんな世紀の名曲の名付け親になってみたいものである。

僕が知っている中ではエルトン・ジョンの曲の邦題は良いなと思っている。「黄昏のレンガ路」("Goodbye Yellow Brick Road")とか「君の瞳に小さな太陽」("Don't Let The Sun Go Down On Me")とか…。「女の子 みんなアリスに 首ったけ」("All The Girls Love Alice")なんていう七五調もあった(笑)。あんな風に邦題を付けてみたいものである。

シンプルに「追憶」なんてのは良いと思うのだが、これバーブラ・ストライザンドの有名曲にあるよね。あとは直訳で「かつて、表通りで」とかこれもシンプルに「ストリート」なんてのもアリかなと思ったり…。あと、歌詞の意味から採って「髪の残り香」とか…。あとは意訳して「想い出の往来」とか「君のいた並木道」とか…。でも結局はまだ決まらず仕舞いなのである。"Corridor"は空耳から「茶色いエイ」なのだが…(笑)。

さて、今夜は実はこれを貼りたかっただけなのだが、僕の中では毎年良からぬ事が起きる(笑)と位置付けられたトビリシのArt-Geneの今年のステージからの同曲。Art-Geneは観客が完全にホーム状態で一体感が凄いのに加えて、バンドの演奏が一番フランクにぶち切れるのである。この"Once In The Street"も、これまた良からぬ事が毎回起こる曲だったレッド・ツェッペリンの"No Quarter"宜しく途中からとんでもないカオス状態になるのである。Art-GeneでNino Katamadze & Insightを観たいな。でもまずはトビリシのネット神様、このフル動画のアップお願いしますm(_ _ )m

追記:この曲でもこのテイクの3:55辺りで「茶色いエイ」が出てきますね(笑)。多分グルジアでは茶色いエイがポピュラーなのでしょう(笑)。

しかし失礼な事に最初のPVの最後の場面を見逃していました。こういう曲なのでしょうか?(16.12.02)





にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

catricec62

Author:catricec62
FC2ブログへようこそ!