記事一覧

12/6(火)出雲崎の海で今年の注目盤を聴く

isis giraldo 02

今夜の一枚
Padre/Isis Giraldo Poetry Project
Isis Giraldo(vo,p,composition),Simon Millerd(tp),Mike Bjella(cl,ts),Jane Chan(cello),Ben Dwyer(b),Kai Basanta(ds),Felicity Williams/Thom Gill/Ghislain Aucoin/Ryan Brower/Robin Dann(vo),Ruben Dario Giraldo(poems)
2016発表 JTNC

JR越後線の出雲崎駅を降りて、海ではない方向にしばし歩く。単線の線路、通りかかる除雪車、放置された土管、そして古民家…。東京では見かけない物達が僕の求めている方向に旅情を向かわせる。その十字路には約10分で辿り着いた。40年前の記憶に残っているあの場所かも知れない場所…。当時の記憶から比べればちょっと坂の勾配が緩やかである気がする。ま、あの場所ではないかも知れない。でももはやそんな事はどっちでも良かった。他人にとってはどうでも良い場所であろうが、僕にとってはどうしても来たかった場所に来た。遠い昔に来た事がある町だが、出雲崎は今年改めて僕の心の故郷になった。…さあ、海へ行こう。

思ったより遙かに長い、峠一つ越えるような道を歩き、いい加減疲れ切った頃、突然視界が開き、下界に海が見えてくる。この瞬間は何度体験しても良いものである。釣具店はおろか、コンビニの一つも無い。こんなところ、地元の釣り人でもまず来ない。そう、こういう場所を求めていた。夏には海水浴客で賑わうであろう海。今は地元の散歩人数人を除いては僕しかいない…。

この海で釣り糸を垂れながらこの一枚を聴いてみようかと思っていた。今年いろいろと話題になるのを見た盤だ。風光明媚な海岸線。夕暮れ時に薄紫色に変わっていく空…。

でも不思議と化学変化は起きない。ま、そんなものである。良い夢は寝る前から計画しては見る事は出来ない。いかにも釣れそうな海でも当たり一つ来ない。残念さは数日後を引くが、思い返してみるともういろいろと忘れられない思い出も刻まれている。また近いうちにこの「心の故郷」へ戻って来ようと思った…。




にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

年間ベスト・アルバム

「ベスト・ワンはカナダ在住のコロンビア人、イシス・ヒラルド。アントニオ・ロウレイロ以来の発見」‥‥
高橋健太郎氏が2015年のベスト1に挙げていたアルバムですね。
輸入盤を探してみたけれど、見つからなかった。
国内盤が世界初のCD化なのかしら?

No title

sknysさん、コメント有難うございます。

情報が見つからなかったから不確かですが、多分輸入盤は出てないんじゃないかな?音楽評論家の柳樂さんがCD化したヤツしか出てないと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

catricec62

Author:catricec62
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ